column | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

column

成長のお手伝い

先日、私のお姉さんのような友人のMさんと食事をしたら、彼女は"そろそろ引退しようかな。"と。
私よりも5歳上の彼女は、東京のど真ん中で小料理屋さんをやっている。
景気もあるけど、威勢のよかった常連客も大分引退したりで、お店は最近は昔ほどの活気もなくなって、また彼女は昨年は手術をした。
いまはとても元気なんだけど、そろそろお店は"もういいかな。"と。
だからといって、残された時間を何をしようかと考えて、料理が得意なので子ども食堂のボランティアをやりたいと思っていると。
ボランティアでも、子供はこれから育つので、どうせなら成長する子供のお手伝いをしたいと。
私も、"それはいいね"思った。

私は、ゆったりした生活とは程遠い。いつも自分のライブの練習や色んな課題に追われ、主宰の教室のレッスンに追われているけど、充実している。音楽のレッスンは、芸事なのでこれでいいということはないし、簡単にはいかないけど、私も少しでも成長したいと思うように、みんな少しでも伸び代を増やしたい、私も少しでも良くなるためのお手伝いをしたいと、お互いに日々勉強、向かい合っている。だからお互いの信頼関係と成長したいという心構えがないと成りたたない。成長が好き。

でもそれには健康と気分転換も必要。私はスポーツクラブで汗を流す。クラブはいろんなクラスがある。有料の特別クラスやトレーナーをつけて自分の目標に向かって頑張っている人もいからそれぞれだが、普通のクラスは決まった会費を払うとレベルや種類によって気楽に受けられる。だからジムのグループのクラスは先生が生徒に個別にアドヴァイスしたらいけないらしい。有料のクラスを除いて、大方の人が健康のために、気楽な気持ちで、または遊び感覚できているし、下手に注意すると、傷つく人がいたり、または"なぜあの人だけにアドヴァイス?"と、嫉妬やら問題が起こるのでまずいらしい。予習しなくても気楽に参加できる。ジムは健康ランド、昔の銭湯の役割も、大人のアミューズメントパークみたい。若い人から老人までみんな元気で楽しそうにしている。お医者さんに行くより体を動かして元気な方が国も助かる。
私にとっては、緊張から離れた息抜きの場。お世話になっています。






瀬古選手以来31年ぶり

夕刊を開いたら優勝トロフィーを掲げ、拳を上げて喜ぶ写真。
もしや川内?と紙面に目を近づけてみるとやっぱり。
公務員マラソンランナーの川内優輝選手がボストンマラソンで優勝した。
最近はアフリカ勢が強くて日本人の優勝なんて珍しいので、わあ!すごい!泣きそう。
私はスポーツ選手の頑張りの記事を読んだりすると、時々こみ上げたりする。
マラソンはそんな詳しくないけど、苦しそうな顔で走り最後は倒れこむソウルフルな川内選手はしっている。
ボストンマラソンでの日本人の優勝は1987年の瀬古選手以来31年ぶりだそうだ。その年に生まれたのが川内選手で運命を感じるそうだ。31歳。
私はバークリーに入学のため、その年の1月に住み始め、瀬古選手が1位でゴールするのを目の前で見た。

あれから31年。早いなあ!

1987.jpg
31年前。行ったばっかの頃。寒さにびっくり。
最初の頃出会ったドラマーのシンジ(安藤信二)とフランス人のギタリストのフランソワ。


ほっとする間もなく

今、今月のライブのお誘いメールを送らせてもらった。
先月の30日に今年初めてのライブが終わったばかりなのに、ほっとする間もなく26日に自由が丘の Hyphenでライブが控えている。
なんで続けてと思うけど、お店やメンバーやいろんな都合でそうなってしまった。
お誘いは、よろしかったら!ということですが、ライブは体力も気力いるので、またサポートしてくださる方のご都合もあるので今度は連続は避けようと反省。

とは言っても。今度何を歌おうかな?オルガンのライブとはまた違ったメンバーなので違う音楽ができる楽しみもある。

数日前、TVでジャーナリストの池上彰氏がお笑いのたけしさん(北野武氏)に
"いつ引退しますか?"という質問に、
"何千人という大きなホールでなくても、客が二人でも俺の話を聞きたいという客がいれば続けたい"と。
 Hyphen4-26-18hi.jpg
よろしかったら!

これが終わると次は6月3日の生徒出演のspice of life 50回目の記念コンサート。
私のライブは真夏の8月19日の日曜日までないのでちょっと気が楽です。


表現税

野球選手のイチローがマリナーズに戻って、"僕がチームにできること何でもやりたい"と言っていたけど、野球ができることが本当に嬉しいのだと思う。そこには感謝やいろんな思いが。
メジャーリーグに行ってからすごい記録を作っても、プレーで苦しんだり、すごい扱いをされたり苦しいことの方が多かったかもしれないたけど、でも野球は彼にとって生きること。
何よりも楽しいのだと思う。

私など足元にも及ばないけど、バンドのみんなと音楽をやっているとき、そして観客のみんなと作る空間。それが何よりも楽しい。
Liveだからスポーツの試合のように何が起きるかわからない。特にジャズはたまが外れる時もある。大敗するときもある。その真剣勝負が、私は楽しい。
体当たりで自分のダメな部分も失敗も含め嘘のない丸見えの表現です。それも含めてバンドのみんなと作り上げる信頼関係、そして観客のみんなのサポートの上での演奏、その時間と空間。
それが面白いのです。いいとこばっかり見せられない。その真実の表現が面白い。だから信頼できない人とは一緒にプレーできない。申し訳ないけど観客にうけるとかは考えない。
立派なとこだけ見たい観客はジャズには向かないかも。ジャズは何が起きるかわからない。

私のスタジオの生徒の発表会も、自分でライブを始めた人も、観客の前で自分が歌いたい曲をバンドとの共演を楽しみたい。音楽することを楽しみたいのです。
それが表現することだと思います。
表現したいのです。

私が行っているスポーツクラブの発表会を見に行ったら普段ステージに立ったことのない人が
みんなステージで輝いてとても幸せそうです。
表現ができるのってなんて幸せなことでしょう。

ライブも観客は千差万別、みんな好きずき、好みがあるからうけるとは限らない。
表現に真剣になる程めげずに頑張らないと。自分はこれをやりたいんだって。
優秀ですごいスーパープレーヤーの友人が、かつてライブをやっても観客がいないと嘆いていたけど、いまでもますます頑張ってる。

いつもライブに来てくれる友人が、先日手術をした話をしてくれ"長生きするには、長生き税を払わなければならないんどよ"と。
楽しい思いをしたい人は楽しみ税、表現したい人もそうだね!表現税を払わないとね。
大変なことも頑張らないとね。甘くはないですよね。



Joy spring!

桜が咲き、散り始め、そして4月に入りました!
4月はわたしの誕生月なので特別です。
イチローがマリナーズに帰ってきて今日は2安打とスーパープレーのうれしい報道が。
ついこの間まで、どこでプレイできるかもわからなかった彼が
"球場に来れて野球ができる事が嬉しくて"と。私たちファンもすごくうれしいです。

私は30日にオルガンジャズ倶楽部でのライブが終わり、ほっとして爽やかな4月をしみじみ感じています。
今回のライブはbassのMark Tourianが渡米中なので、代わりに中村新太郎さんにお願いしました。素晴らしいプレーでみんなswing,楽しいライブでした。
おいでくださいました皆さま本当にありがとうございました。まだまだ良くなると思うので、そしてもっといいライブができると思います。これからもどうぞよろしくお願いします!

10年以上にわたって出演させていただいたOrgan Jazz倶楽部ですが、オーナーの池さんは引退で4月から新しいオーナーに変わりました。でも引きつづき出演させていただくつもりです。池さん、お世話になりありがとうございました!

10日くらい前に疲れから体調が悪くなって、ええ?と困惑したのですが、なんとか無事ライブを終えることができました。そしたら、drumsのコーちゃんもpianoの田窪くんも同じころ体調をこわしたって、コーちゃんが、宇宙の何かが接近していてそのせいとか言っていました。
私自身は、わかったことは、前より疲れやすくなったこと、回復に前より時間がかかることでした。それは自然のことで仕方がないことで、わかってよかったです。

今月は、26日木曜日に今度は自由が丘のHyphenでのライブがあるので4月を楽しみながら調整したいと思います。みなさんも春を楽しんでくださいね。


image3.jpg

今回はbassは中村新太郎さん。

ムネリン引退残念!

今、ソフトバンク川崎宗則の引退のニュースが。
ええ、ショック!アメリカから帰って来て、まだこれからいっぱい野球ができるのを楽しみにしていたはず。活躍を楽しみにしていた。マイナーで苦労しながらもまっすぐひたむきな気持ちで野球ができること、出番がなくても一軍に這い上がる準備をしながら前を見ていた、自分で野球小僧と言っていたムネリン。
昨年帰国を決断してこれからもまた彼のプレーが見れると楽しみにしていたのに。
昨年故障で離脱してから体調不良で調整がうまくいかないということで引退の決意らしい。
アメリカでの移動や、悪条件での生活など体に負担をかけすぎたのかな?
残念!でも、ムネリンまだ36歳。これから第2の人生。
これからの活躍を楽しみにしています!




You must believe in Spring!

今日は雨降りで、また寒い日に戻ってしまいました。なかなか本当の暖かい春がやってこないですね。でもきょう桜を見つけました。この寒さの後には美しい桜が待っててくれます。

昨日はちょっと体調を崩したので少しペースが変わりました。

お天気も崩れたり、体調も崩れたり、自然なこと、生きている証拠ですね。

ペースが変わったのできょうはバラードが身にしみます。


今度のライブで歌おうかなと思っています。 

Michel Legrand(ミッシェル. ルグラン)のYou must believe in Spring.

原曲はドヌーブ主演のフランス映画"ロシニョールの恋人たち"で使われている曲(マクサンスの歌)ですが、私は英語でしか聞いたことはありません。30年くらい前に最初の自分のブームがきて歌いました。Legrandらしい美しい曲です。アランとバーグマンの歌詞がまた素晴らしい。

"孤独な思いがあなたの心を凍らすとき冬の後には必ず春が来ることを思って!"と、辛いことがあっても信じること、愛すること、必ず春が来るからのような歌詞で、ベット.ミドラーが主演したジャニス.ジョップリンの映画"Rose"の中の歌詞にも,"厳しい冬の雪の下で眠る種は、春に太陽の愛によって薔薇の花になる"という同じような詞があるのです。

の2曲の歌詞にとても癒されました。



You must believe in Spring.       By Alan & Marilyn Bergman / Michel Legrand



         When lonely feelings chill

   The meadows of your mind,

   Just think if Winter comes,

   Can Spring be far behind?

   Beneath the deepest snows,

   The secret of a rose

   Is merely that it knows

   You must believe in Spring!

   Just as a tree is sure

   Its leaves will reappear;

   It knows its emptiness

   Is just the time of year

   The frozen mountain dreams

   Of April's melting streams,

   How crystal clear it seems,

   You must believe in Spring!

   You must believe in love

   And trust it's on its way,

   Just as the sleeping rose

   Awaits the kiss of May

   So in a world of snow,

   Of things that come and go,

   Where what you think you know,

   You can't be certain of,

   You must believe in Spring and love


IMG_3526.jpg

きょう、溶岩のような桜の木の幹に。




アイテム

  • 1987.jpg
  •  Hyphen4-26-18hi.jpg
  • image3.jpg
  • IMG_3526.jpg
  • IMG_3518.jpg
  • organ3-30-18Hagaki.jpg
  • nennga2018.jpg
  • IMG_3217.jpg
  • IMG_3218.jpg
  • 49.chi-ok.green2.jpg

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved