column | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

column

パフォーマンスってやっぱりすごいなあ!

感染者が増え続け、こんな状態ではオリンピックどころではないなあ!と多くの人が危惧したけど、対策に気をつけてと開催が決まった。

それなら選手に罪はない。頑張ってほしい!と観戦、応援に回った。

私も小さなライブだけどミュージシャンは演奏できる喜びは同じ。

気をつけながら制限の中だけど細々だけど続けている。


パラリンピックが終わってオリンピックは遥か昔の感じですが、いっぱい感動しました!

コロナ禍で抑えていた感情がフルに振れ気持ちよかった。ワクワクした。

厳しい練習を乗り越えた一流選手の競技の観戦は息を呑み感動。楽しかった!終わるとぐったりするほど見入る試合もあった。


でもパラリンピックはもっと面白かった。競技としての素晴らしさに加えて人間の可能性に

驚き、勝っても負けても最後は苦しい状況を乗り越えた仲間として讃えあう人間の崇高さも感じられ

魅せら感動した。元気付けられた。


テニスの国枝選手が障害者だからでなくて、"競技としての車椅子テニスを見て欲しい"と言っていましたが、彼の準々決勝、フランスのウーデ選手との戦いは凄かった。第1セットはウーデ選手にペースを掴まれ苦しい状況からどんどん挽回して第一セット取り、第2セットも取って準決勝に進みました。ドキドキワクワク見る方も緊張するとても面白い試合だった。


私もパフォーマーとして五輪もパラも開会式、閉会式はどんな演出?と興味があるのでも見ました。

好みから言うと、五輪はドタバタがありすぎたからか、単なる演出のせいか、統一感がなくて????

でもパラリンピックはその修正もあったのか、特に閉会式は楽しめた。

選手の熱戦の余韻が残っている中、最後の"What a wonderful world"も素直に"そうだそうだ、人生って素晴らしいね、生きてるって素晴らしいね!頑張るって素晴らしいね!"と感じた。いっぱい心が揺れた。


パフォーマンスってやっぱりすごいなあ!スポーツ、音楽、ダンス、お芝居.......etc.

早くコロナが終息して前のように全てオープンになって、生でパフォーマーと聴衆が一緒になって作り上げる空間が1日も早く戻りますように!


P.S

誰かツイートしてました。同感。SDGsを実践してか選手村のベッドがリサイクル出来るダンボール製やリサイクルしたものでメダルを作ったり...と環境を意識している姿勢を示したけど、その反面、ボランティア用のお弁当を注文しすぎて大量に廃棄したり、マスクを保管場所がないからと廃棄したりと、SDGsなんてまだまだですね。




IMG_2016.JPG


8月の終わりに上野にIsamu Noguchi展に行きました。私のリヴィングのいつもは一人ぼっちのちょうちんライトが仲間のところに飛んでいって?一緒に楽しそうにパフォーマンスをしてました!




P.Sクルマのこと

昨日の映画「ドライブ.マイ.カー」の主人公の愛車は赤いサーブ(SAAB)でした。

この映画の主人でもありました。

映画が始まって、スクリーンに映し出された車に"もしや?と思ったらやっぱり。


ペーパードライバーの私が唯一運転していたのが学生時代住んでいたボストンから郊外に入ったニュートンというところに移り住んでいた時。ルームメートの車を足として時々使わせてらっていました。それが黒いサーブ(SAAB)。デザインも地面を感じる乗り心地も好きだったので、「ドライブ.マイ.カー」のサーブにより親しみを感じ、この映画の楽しさが増したと思う。


都会に住んでいると車はいらないので自分の車を持ったことはないけど、SAABだったら中古でも持ってみたいとスクリーンを見ていたらふと思ったけど、もう遅いね。運転は歳とともにだんだん卒業するというのに、今から若葉マークはやめたほうがいい。


シンガポールに仕事で移住した生徒だったK君は、車が好きでMiniに乗せてもらったことがあるけど、素敵なデザインだった。MIniは私の友人の何人かも運転していて、海外でも日本でも乗せてもらったことがあるから世界中で人気があるようですね。


車は足だから私の田舎では一人一台が当たり前で特別ではないのでしょうが、私にはあまり縁がなかったようで、私のマイカーは自転車どまりのよう。



IMG_0170.JPG

これはカリフォルニア.バークレーにある楽器屋さんの雲模様に塗られたアンティークカー。

10年以上前だからもうなくなっているかな?まだ動いていたけど。

大好きだった。


IMG_0153.JPG
その車のオーナーは雲模様の"Subway"という楽器屋さん。友人J.Sは2階を借りて住んでいて
私はいつも泊めていただいた。
そこから彼女の車で2−3時間のドライブして毎夏music campに行きました。
もう10年くらい会ってないかな?彼女の最後の車もMiniだった、








ドライブ.マイ.カー

日曜日の今日、久しぶりに映画館に。

「ドライブ.マイ.カー」村上春樹原作、濱口竜介監督、西島秀俊主演

数日前、新聞広告で知り、ぜひ見たいと、掃除の合間に希望の夕方に空席あるかな?とチェック。予想に反して全然空席ありでネット予約完了。

映画は好きだけど、それに歩いて20分くらいのところにいくつか映画館があるのに、滅多に館の中には入りません。今日はワクワクしながら席につきました。



すごく満足。濱口監督が持つ村上作品のイメージが素晴らしい!

センシイティブでストーリーの展開の仕方、シーン、建物、景色がさりげなくセンスよく私にはとても気持ちよかった。久しぶりに普段使ってない体全体の感覚が呼び起こされてビンビン喜んでいる感じでした。見ている時、終演後もなんとも言えない充実感がありコロナ禍で無意識に打撃を受けている気分を癒してくれました。最初のシーンはなんか違和感があったけど、彼特有のレイヤーのあるストーリーだからで、後にそのためか?と納得。

時計を見たら、ええ?3時間もすぎたの!


Storyは説明しないけど、主演の西島秀俊、ドライバー役の三浦透子がいい。

前から行ってみたかったレストランに行って、お店の雰囲気、スタッフ、前菜からデザートまで満足したような気分かな?

村上春樹はジャズファンでジャズをかけるお店をやっていたくらいで本も書く人だからか、雰囲気がジャズの匂いがする。だからなお共感するのかな?

でもつくづくなんでもみんな人それぞれ好き好きでセンスもそれぞれ。

音楽も映画もアートもなんでも。

でも、よかったら!



IMG_2007 2.JPG

映画の余韻の中、帰りは、歩きながらイヤフォーンから聴こえる
優しいカルロス.アギーレの歌声がフィットしてか、
普段自転車で通りすぎるお店のプランツに目が。
そっと映画のエンディングテーマを奏でているよう。
健さんの映画の後だとこの植木ではないね!



IMG_2009 2.JPG

葉っぱを切り落としてしまうと、彫刻のよう。
見たことある木なんだけど、今日はかっこよく見えました。


終わっての1週間

Mystery FourのSummer Liveが終わって1週間。

ミスもあったけど楽しかった!私はまだ枯れることも知らず難しい曲を用意してしまう。

ジャンルはジャズからブラジリアン。自分がその時やりたい気分で。ちょっと複雑だったりするだけですが、ライブは刺激的でワクワクしたいのです。私がリーダーなので全曲私の準備した曲です。歌いこなすのも難しいので最初は散々のこともあるけど回を重ねるたびに良くなっていくのが楽しい。

Pianoは福田さんに変わって今回で4回目。私の歌う曲は巷で歌われない曲が多いのか、ベテランの福田さんでも、馴染みがないのか"知らない曲ばっかで、吉野さんの曲は難しい"というのですが、言ってる顔は全然悲痛でないのです。そしてこの日はそんなことを言いながらも楽しんでいる感じが私にはいつもより伝わってきて、4人での演奏が楽しかった!

こうやってバンドは前に進んでいくのだなあ!と思っています。

秋のMystery Fourのライブは10月29日金曜日に決まりました。


ライブを控えているときは気合が入っていますが、終わると気が抜けて疲れがどおっと出てきて、そこにこの暑さ、身に染みますね。先週はぐったりでした。

そして先日、知人の元気なダンサーが難病になったことを聞き"ええ?あんな元気な人が?!"と信じられない気持ちでとてもショックでした。本当に自分も含め明日は何が起こるかわかりません。


さっきたまたまテレビのチャンネルを回したら、BSでサイモンとガーファンクルの1981年のセントラルパークのライブコンサート。瞬時にその懐かしい映像に引きこまれれました。

曲、二人の声のハーモニーのなんと美しいこと!二人の声のブレンドが絶妙ですごい、改めて二人の素晴らしさに感心、感動。


新型コロナウイルスと五輪をどうするか、どうなるか?がはっきりしない連日のニュースでした。

そのオリンピックが幕を開けました。

もう始まったのだから、今は厳しい練習を重ね頑張ってきた世界のスーパーアスリートの真剣勝負の応援、観戦。楽しみたいと思います。



image3.jpeg

ZimagineでのSummer Live

コロナで時短のため6時スタート8時終了、お酒も飲めず

そんな中でも、おいでいただく観客の皆さんには、いつも感謝、感謝!です。

いつもありがとうございます!



いただいた素晴らしいメッセージ1.2.3.4.5

前のコラムで土岐さんからのアドヴァイスをご紹介しました。

他にも私にとても影響を与えた素晴らしいアドヴァイスを思い出したの書いてみます。


その1

20代の頃とても仲が良かったお姉さんのようだったシンガーソングラーターのSさんの夫で俳句をやっていたNさんが、"みっちゃんは自分を育てていけばいいんだよ"って。

はい、今も発展途上のつもりで自分を養育中です。


その2

1976年に初めてNew Yorkに行きました。

その時に出会った友人が、ギターリストで歌も歌うJames Blood Ulmerの家に連れていってくれました。私が彼に、日本から来たこと、歌をやっていること、そして誰か先生を探していると話したら、彼が教えてくれるというのです。そして初日のレッスンに15分くらい遅れてしまいました。ルームメートがワシントンスクエアーに連れていってくれ、そこからレッスンへ行くのに、道に迷ってしまいました。

そのときJamesが

"本当にプロになりたかったら、"No park, no party!"だよって。

みんなが遊んでいる時も練習するのがプロ、そのくらい一生懸命やらなければプロになんかなれないということでしょうね。レッスンは、彼はギタリストで初心者の私はスタイルが違いすぎるので、数回で終わりましたが、近所に住んでいたので、時々遊びに行って、見るもの聴くもの全て勉強になりました。最初は彼のことは何も知らなかったのですが、彼はOrnet Colemanと共演したり、自分のオリジナルのチューニングで創造的な音楽をやっているとてもクリエイティブなミュージシャンだと少しづつわかりました。彼は今でもアメリカやヨーロッパで活躍しています。


その3

私の最初のアルバム" One Love"をプロデュース、演奏してくださったBassistの中山英二さんから

最初は東北ツアーのお誘いがありました。突然電話をいただいて、リハーサルをするためにスタジオ近くのバス停で待ち合わせをしました。初対面の中山さんをバス停で待っていると、一生懸命走ってこちらに向かってくる男性が中山さんでした。お会いした時、礼儀正しく、すごく真剣さが伝わってきました。"この人は真剣な人なんだ!"と感じました。言葉ではないけど強いメッセージでした。


その4

2枚目のアルバムではレコーディングの為にPianistの大徳俊幸さんもスウェーデンに一緒に行っていただき、現地のミュージシャンとレコーディングしました。大徳さんとは15年間ライブでも共演していただきました。

その頃、私のリーダーバンドはライブハウスは六本木にあったPit  innがメインのステージで、結構精力的にいろんなバンド形式でやっていました。

いつも手探の私でしたが、大徳さんは"吉野さんは思いきりよくやってくれれば(歌ってくれれば)いいよ!"て。かなりワイルドだったりしましたが、とにかく"思いきりよく"を胸に、今でも私のライブ活動は続いています。


Nさんの

"みっちゃんは自分を育てていけばいいんだよ"

James Blood Ulmer

"本当にプロになりたかったら、"No park, no party!"だよって。

中山英二さん

"この人は真剣な人なんだ!"と私は感じました。

大徳俊之さん

"吉野さんは思いきりよくやってくれれば(歌ってくれれば)いいんだよ!"

土岐英史さん

"1曲を3ヶ月くらいかけて練習してごらん!て。


他にもいろんな方にお会いして素晴らしいアドヴァイスをたくさんいただきました。

私の中に生きています。

また思い出したら書いてみます。




IMG_1932.jpeg

綺麗な桃色の大きな花に目が止まりました。

自転車で通りがかったお宅の前に赤ちゃんの顔くらいの15cmくらい。


Alt Sax土岐英史さんのご冥福をお祈りします

また素敵なジャズミュージシャンがお亡くなりました。

Alt Sax土岐英史さんの訃報を聞いてびっくりしました。先月6月26日にがんでお亡くなりになったそうでショックでした。71歳という若さです。


土岐さんは、高校時代から演奏活動を始めていらっしゃったようで、私が歌い始めた時は、大活躍されていていました。笑顔が印象的な優しいお顔をされていて人柄も優しかったです。


私が歌い始めた頃は、譜面を見てレコードを聞いて覚えて、バンドと歌って、そのときについていた先生も1-2回のレッスンで、"次の曲を持ってらっしゃいって。

よくわからず歌って、こんなんでいいのかな?と疑問をずっと持っていたけど、自分で曲を覚え、心は込めているつもりでも表面的に歌うのが精一杯でした。


あるジャムセッションに、土岐さんがいらしていて、私にアドヴァイスをくださいました。

"1曲を3ヶ月くらいかけて練習してごらん!て。

もっと丁寧に練習しなければということでしょうね。メロディーと歌詞を歌うだけが歌ではないのだから、バンドと一緒にちゃんと音楽にならなければならないのだからということでしょうね。

今ではいくらでも一曲の中で宝探しや、いろんな側面から取り組むことができ、すぐには飽きないし,理想には追いつかないし、時間が足りないのですが、土岐さんの"一曲に3ヶ月?"はずっと頭の隅にあり、その主旨は私のなかにしっかり生きています。

一曲一曲が私たちの作品で、もっと美しく、面白く歌いたいと思う。そしたらバンドのメンバーと、もっといい曲になると思います。一歩一歩、これは一生の課題です。


ある時、海外の教育のカンファレンスのレセプションで土岐さんを何十年ぶりかにお見かけして、あの時のお礼を言おうと近づいていって

"土岐さんがこんなアドヴァイスをくださったんですよ!ありがとうございました!"と、

お伝えすると、あの笑顔で"そんなこと言ったんだ!って照れていらっしゃいました。


土岐さん、素敵な人でした。ご冥福をお祈りしています。

でも一歩街に出ると

昨日は6時スタートの水道橋のBon Courageへ。

ドラマーの吉岡さんのライブ。

私の教室主催の"Spice of Life"でお世話になっていて、いつもサイドメンに徹していただいているのですが、この日は吉岡さんがリーダー。

T.saxT.petの2管のフロントのクインテットのダイナミックな演奏を堪能しました。リズムが体にずしずし、オリジナルも素敵で精力的に作曲もしている吉岡さんの新たな面もいっぱい発見しました。バンドのみんな優しい人たちだな!音で雰囲気でもわかります。

T.saxは20代の頃から知っている竹内直さん、音もルックスも個性的で、ずっととんがっている感じで面白い! 始まる前にはバークリー時代に同じクラスをとっていたSaxの山田穣さんらしきをお見かけしました。言葉は交わしませんでしたが生の姿を見たのは30年数年ぶりかもしれない。

水道橋は20代の初め、3年間尚美学園に通った馴染みがあったところですが、携帯のナビがお店まで迷路のようにナビいてくれて到着すると、"何だ!大通りをちょった曲がったところじゃない!" お陰で知らない通りをジグザグ、キョロキョロちょっとした知らない街に来た観光気分でした。

コロナ禍で8時終了だから制限下でのライブ。早く始まり早く終わる。

それでも一歩街に出るとまた違う素敵な出会い、景色が広がります。


来月は私のリーダーバンド"Mystery Four"のライブです。

表参道"zimagine"までキョロキョロよろしくおねがいします!


21.jpeg
 "Mystery Four"

 この写真のfour(4人)は、2017年の夏にポルトガル南端での海外の仲間とのreunionの 

 合宿の時の写真から。

 丘の上で見つけたオブジェ。木製だったかな?

 チラシ作りはプロではないし、あまり広告の効果もないようですが、

 いつもの私の遊びの一つです。



アイテム

  • IMG_2016.JPG
  • IMG_0153.JPG
  • IMG_0170.JPG
  • IMG_2009 2.JPG
  • IMG_2007 2.JPG
  • IMG_2007 2.JPG
  • IMG_1932.jpeg
  • 21.jpeg
  • 14178770415014.jpg
  • IMG_1824 2.jpeg

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved