column | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

column

さみしいなあ...

今日は、Vocal Jazz Ensemble とImprovisationのクラスレッスン日。

Vocal Jazz Ensemble はもう20年以上のコーラスのクラス、長い生徒から初参加の生徒まで、年に2回のPit innでの発表を目指して練習、音作りをしていきます。
レパートリーはいい曲、いいアレンジが一杯。
jazzが基本ですが、ジャンルにとらわれたくないので、私がいいと思った曲、アレンジを選びます。MilesからBrazil,world musicまでかっこいい曲が一杯です。
みんな譜面も強くなって、スキルもセンスも少しづつ育ってきていいコーラス、いい感じになってきました。

Improvisationクラスも,もう20年近くやっています。
最初はBlues formから始めました。そしてstandard。今はアカペラでimprovisationのあらゆる可能性を探りにながらのクラスで、みんなだいぶ成長して来て面白くなって来ました。

両方のクラスも私にとっても永遠のチャレンジです。

クラスの休憩時間に突然、俳優の樹木希林さんの訃報を知りました。
だいぶ体調が悪くなっているのを聞いたり読んだりして知っていましたが、とうとうお亡くなりになってしまった。
ううう悲しいな。面白くて、生き方も演技もすごく好きな俳優だった。生き方、死に方もかっこいい。
さみしいなあ.........。

暗いニュースばかりでしたが

前のコラムで、「...明日はまた何が起こるかわかりません。」なんて、書いたら、一時間後に北海道で震度6以上の大きな地震が起きました。40人以上の方が犠牲になり、そして停電もおき、ライフラインがストップしました。ほんと日本は災害大国なのですね。やはり災害の最低限の備えはしたほうがいいのかな!とマジで考えます。災害用バッグとか。

最近は暗いニュースばかりでしたが、テニスの大坂なおみさんの全米オープンの優勝は嬉しかった!ニュースで彼女のコメントを聞いて私も泣けました。



9月に入って

9月に入ってとても大きな台風ですごいことになっています。被害にあった方は本当お気の毒です。心よりお見舞い申し上げます。

人ごとではなく最近は想定外のことが起こるので、明日はまた何が起こるかわかりません。


8月のライブが終わってほんの束の間ちょっとほっとしています。

今日は初台のオペラシティへ、4人の作曲家による"オーケストラプロジェクト2018"という現代音楽のコンサートへ。

作曲家の一人、山内雅弘氏の奥様を知っているので、まだ氏が学生の頃から毎回ご招待をいただいています。私は現代音楽の静謐で不協和音の響きやリズムの中にいると、頭も感覚もすっきりして大好きなので、毎回聴かせていただくのを楽しみにしています。建築も美術も同じでルーブルなどにある宗教は苦手で抽象画が好きです。

山内さんは、今では白髪が混じり、すっかり貫禄がついてご立派になられて、時の流れを感じさせます。いつも思うけど、作曲家の思いを馳せた、超難しい曲を正確に引きこなす演奏者のテクニックに"すごいなあ"と。

オペラシティのギャラリーでちょうど"イサムノグチ展"をやっているので、一緒に見るつもりでしたが、早く到着できなくて、残念!今月末までだから絶対また時間を見つけよう。


2日前は群青さんと浦上さんのPower of Tapへ渋谷の伝承ホールへ。

彼らはストリートからtapに移ってきた魅力のあるダンサー。Piano,Bassと二人のTap.

クリエイティブでクールだけど熱く、かっこいい。Yeh!と思わず声が出るくらい楽しいかった。


その二日前は、私のバンドでドラムスを演奏してくれるコーチャンこと大村亘さんのトリオを聴きに吉祥寺"sometime"へ。素敵なトリオ。コーチャンはドラムもすばらしいけど作曲も凄くいい。pianoは古谷淳さん、今度12月のライブにpianoの田窪くんが参加できないので、古谷さんに共演していただくことになった。また楽しみです。


今月の22日に"伝承のたまてばこ..多摩伝統文化フェスティヴァル2018八王子ーむかしの道の物語 "https://www.denshonotamatebako.tokyo/に参加するためにリハーサルが始まっています。

語り、映像、音楽、ダンスによるインスタレーションで、歌で参加します。歌は3人で3声のコーラス。TopのSopは民謡歌手の藤みちこさん、私は2ndのAltを担当します。3rdはSHIBAの男声。音楽は友人の作曲の組曲で、尺八、マリンバ、パーカッションと歌、そしてダンサーと語りとどんなステージになるのか楽しみです。22、23日といろんな和の伝統と進化の文化の催しが八王子市内で繰り広げられます。

面白いイベントですのでお時間がありましたらぶらっと八王子までお出かけください。

無料です。


IMG_3907.jpg

*山内さんが参加しているオーケストラプロジェクトは、

作品を演奏してもらうためにはたくさんのお金がかかるので

助成だけ出なくて今年からクラウドファンディングを実施したそうです。


image1.jpeg

*8/19のOrgan Jazz Club Live おかげさまでいいライブになりました。

おいでいただきました皆様ありがとうございました。

グループでの次回のLiveは12/23、大久保のBoozy Museです。


8月に入って

酷暑の毎日です。みなさん大丈夫ですか?
お盆休みでお出かけの方も多いと思います。

私の夏休みは、暑さを避けるように7月末から海外の仲間との研究会のために涼しいところで過ごせました。これで夏休みは終わりです。

今年はアメリカのヴァーモント州のFamでの合宿でした。山の中腹にあるので羊が放牧され、今はブルーベリーのシーズンです。毎日飽きるほどブルーベリーを食べられましたからしばらくはスーパーで並んでいるのを見ても恨めしくないと思います。涼しく周りには美しい山々が見渡せ、朝は雲海が広がります。山を見ながら育った私には最高の日常からのRefuge(避難所)でした。

宿泊はYurtというバンガローのような小屋でした。そこから毎日丘を10分くらい降り大きな小屋に集まって、仲間と歌ったり、話し合ったり、ご飯を食べたりするReunion(同窓会)の10日間でした。

海外の仲間は休み時間には、だいたい泳ぎに行きます。海があれば海へ、無ければ沼でも池ぐらいの感じのところでも。私は海ならいいけどジムでプールにいつでも入れるからなのか、彼らほど泳ぎたいとは思はないのでその時間はゆっくりする方が好きです。

カリフォルニアから来た仲間は滞在中ニュースでも報道された森林火災に家が襲われそうになって、彼女の近所の仲間が家の周りの草や木をブルドーザー?で切り倒してくれ火災から免れたという連絡が来てみんなで喜びました。


日本に帰るとすごい暑さの中、冷房と時差ボケに襲われた一週間でした。やっと少し慣れ今日疲れをおして運動に行ったら普段の感じに戻ってきました。

旅はいいのですが、年々長い飛行機の旅と時差には悩まされてしまいます。


IMG_3728.jpg

これがYurt.一棟に2人で。

IMG_3856.jpg

朝は霧に包まれ神秘的でした。

IMG_3806.jpgIMG_3860.jpg
仲間と。


IMG_3730.jpg

これはソーラーランプ。アフリカで作られたそうです。
ふたがソーラーで日中に陽を当て暗くなったら留め金についている電池を蓋につけ灯します。
私はすごく気に入って売店に売っていたので一個買って帰りました。




今度の19日の日曜日は久しぶりのOrgan JazzClub での私のグループのライブが控えています。

音のシャワーを浴びにいらしてください。暑い毎日ですが皆様のお越しをお待ちしております。


Organ Jazz8-19_18chi .jpg



俯瞰して...だからライブでなければ

私の父は私が小さい時に脳溢血で倒れ右半身が不自由になったので、家の居間で俳句をやったり本を読んだり、新聞を広げていた様子が私は今でもはっきり目の前に浮かびます。

私は活発な子供で外で遊ぶのが大好きでしたが、父が家にいたのでそばで過すことも出来て、一緒に本や新聞を広げるのも好きだった。

だから今でも紙の新聞派です。電車の中でみんな下を向いてスマホ見つめているのに、隣の席の人にはみ出さないように一面を半分に畳んで、迷惑かけないよう気を使いながらでも紙面を前にかざして読むのが好きです。今ではそんな人も珍しくなってちょっと目立ちますが私にとってはけっこう至福の一つです。

朝はコーヒーを飲みながら新聞全体を鳥のように俯瞰して、気になった記事はザッーと一面切りはなして置いたり、切り抜いて後でまた読みます。鳥なら好きな獲物を見つけたら、そこをめがけて下降してクチバシでさらって行く感じでしょうか。

TV欄は小さい島。上空から気になる獲物を見つけて録画しておき、時間がある時に見ます。



今日のTV欄を見たら"歌うま日本一は誰だ!?"というのが目に入りました。

このようなコンテストの番組は勉強のために覗いたことはありますが、録画する気はありません。

私も歌う人ですが、なぜ興味がないのか?自分の歌と違うと。

シンガーとして上手に歌うことはそれに越したことはありません。声、技術はミュージシャンシップの基本でうまい人は人を魅了します。

コンテストでうまい方は、だいたい生まれつきの方が多いです。走るのが生まれつき速い人のように。


ジャズもうまいに越したことはありませんが、歌だけ目立ってもダメです。

私は歌は好きですがバンドと一体になってのサウンドをみんなで創る、そして聴衆に聴いてもらうということが特に好きです。

一枚の大きな絵を瞬間瞬間判断しながらみんなで描く。サッカーをやっているようです。

そのライブを聴衆のみなさんに観戦、参加していただく。

私もバンドの一人、ちゃんといいパスを出さなければ、自分の線を描けれなければ全体がガタガタになっていいゴールになりません。いい絵になりません。

もちろん個々が技術、表現を磨かなければ良いプレーヤーにはなりません。

テイスト、個性はそれぞれの表現ですからその違いが面白いと思います。

メンバーもみんな個性的です。サッカーのチームと同じです。

だからカラオケではダメです。ライブでなければ。サッカーのように何が起こるかわからないのが面白いのです。



ヒリヒリとした怖さの中

市の健康診断のために毎年検診をお世話になっているクリニックへ。
看護師さんが、私と私のデータを見て
「お元気ですね!」って。「ええ、仕事もしてますし、ダンスなどして体を動かしているので。」「わ!すごいですね。」って、看護師さん。
私は普通にやっているだけなのですが、年齢を重ねるとそう思われるのか?と、そんな年になったのかと思った。
会社などに勤めればリタイアーの年と思われたからか、
「お仕事は何にをしているの?」って。
「音楽をやっていて、教えたり歌ったりしています。でも毎日ステージで歌うわけではなくて、歌うのは時々ね、でもスポーツ選手と同じで教えるのも歌うのもトレーニングなどを常にしなければならないので、体力ないとダメだから運動もしています。」というような内容のことを、会話のやり取りの中で話しました。
「じゃあ、歌うの趣味ね、いいね、歌うの楽しいもんね」と看護師さん。
「ううん、たまにしか人前では歌わないけど趣味じゃないんだよな、これに人生かけて来たんだから」内心思ったけど言わなかった。

若い頃、ホテルやクラブで毎日歌っていた事があったけど、新鮮さがなくなり、たまにでいいからもっとワクワクドキドキした特別な気持ちで音楽やりたいと思ったので、今はそのスタイルでやれていることは本望です。
ジャズはクラブなどでお酒を片手や野外でワイワイ盛り上がりながらのスタイルから室内楽みたいな緊張感のあるものまで色々。若い頃、いまより音楽もよくわからず、今日もまた昨日と同じ成長もできず歌わなければならない事が嫌で、でも毎日歌いに仕事に向かった時代。
葛藤しながらも毎日ステージに立つために、たくさん曲を覚えたり、効果が上がらなかったかもしれないけどそれなりに練習したり、バンドのみんなやお客さんとの楽しい雰囲気も味わえ、いろんな経験ができたことはいい経験でもありますが。人生は無駄な事は何一つないというから。


お笑いの人の中ではけっこう好きな、爆笑問題の太田光氏が、朝日新聞の仕事力というコラムでこんなことを話していました。
「俺たち芸人はみんなお笑いという難しい仕事で生きて行くために、芸を磨かず人のせいにすることをダサいと感じるんです。.........」

「舞台、つまりライブは怖い。俺たちはデビューして30年を過ぎた今も舞台に立つことを自分たちに課していますが、芸人としての生のヒリヒリした怖さが大切だと思うから。」と。

私もライブの緊張が、太田さんのいうヒリヒリとした怖さの中でどれだけリラックして、バンドとそして聴衆と楽しい世界が作れるか、それが何よりも自分にとって楽しいので。




免疫力

50回目のspice of life(私の主宰のスタジオの生徒の出演コンサート)は無事終わりほっとしています。


翌日は疲れ取るために普段より長い2時間の整体を受けました。女性の先生だけど力が強く、グイグイ硬い背中や首を2時間押されて、終わったら痛いの我慢したからか、ぐったり。それから揉み返しが3週間くらい続いて最悪だった。首が回らない、背中が痛い、肩が痛いで、そのせいか免疫力が下がって、風邪もひきそうになって慌ててお医者に行って薬をもらった。

その整体は、つい近くて、安い、電話すると待たなくてすぐ受けられるからと、お世話になったけど、ということは人気がないということなんだ。便利などでつい、でももうあそこの整体は受けるのやめようと反省。


やっとここ2-3日調子が戻ってきた。

それにサッカーのワールドカップの日本の選手の戦いぶりがいいので気分がいい。おかげで免疫力が上がって調子が良くなったのか。サッカー選手、みんなかっこいい、パスワークとか美しくうっとりする。そして西野監督の采配とか、戦いだからだけど、まるで戦国時代の武将たちの戦いのよう。研究や戦略や駆け引きがあってのこと。だから殺しあう戦争なんかしないで、こういう風にスポーツで戦えばいいのだ。ルールを守って正々堂々と。


先日TVで、風邪のひき始めとか体調がすぐれない時に運動すると免疫力が上がって調子が良くなるってあるドクターが話していました。やっぱりね。私も風邪気味でも運動したら、かえって元気が出たという経験が何度もあるから。

免疫力の下がらないような生活大事ですね。

Be happy!




アイテム

  • image1.jpeg
  • IMG_3907.jpg
  • IMG_3728.jpg
  • Organ Jazz8-19_18chi .jpg
  • IMG_3730.jpg
  • IMG_3806.jpg
  • IMG_3856.jpg
  • IMG_3860.jpg
  • A4クリアファイル.jpg
  • 1987.jpg

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved