column | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

column

収束が1日でも早く来ることを祈るばかりです

コロナウィルス感染は日に日に感染者が増え戦後最大の世界の危機だと言っています。日本政府も戦後最大の国難と言っています。

中国の武漢から始まってアジアそして今ではアメリカ、イタリア、スペインなど医療崩壊を起こして悲惨な状況は世界中に広がっています。志村けんさんや今日はマルサリス兄弟のお父さんのピアニストのエリス.マルサリスさんの死去も伝えられています。そして健康だけでなく、経済にも大きな影響を与えているので不安が大きく広がって大変なことになっています。


昨日は、私は6月に予定していた主催のSpice of life(私のところで学ぶ生徒さんのためのコンサート)の中止を決定しました。本番まで2ヶ月以上あるとはいえ、この状況ではせっかくのみんなのハレの日も難しいと判断、54回目で初めての中止です。

前日は来週4月9日(木曜日)に予定してた私のリーダーバンド"Mystery 4"のライブの中止を決定しました。こんなご時世、不要不急の夜間の外出をひかえてと言われる中、お客様にライブハウスに足を運んでいただくわけにはいきません


2月にはこんなことになるなんて思ってもみませんでした。

私は2月の末から3月の12日までHawaiiでの海外の仲間との研究会に参加する予定でした。

2年前から決まっていて私たちの先生の75歳のお祝いも兼ね世界中からのVoiceの仲間の集まりだったのでとても心待ちにしていました。滞在中のAirbnb(民泊)のグループ分けもできて仲間との事前の会話も弾んでスーツケースに入れる荷物なども準備し始めた時でした。

昨日まで先生のマネージャーから"michiko達のグループのお家はプールがあるからね!""わあLucky !嬉しい!thank you!"なんてやりとりしていたのですが、突然そのマネージャーから出発の3日前に"michikoはコロナウイルス感染どう思う?"って。日本では プリンセス号の感染がニュースになっていた時で、まだ国内の感染は少なく、ひとごとのような時だったので私は"そんなに気にしてないです、昨日も友人がNYに仕事で出かけたし、それに私はとても健康す!"と、答えました。"でも空港などで感染するかもしれないし、そうなったらみんなに迷惑がかかるし、先生に感染させたら大変なことになるから渡航を中止して"って。その頃感染がアジアから始まったばかりで、アジア人は暴力をふるわれたとの報道があった頃でした。私だけ渡航を中止してとのこと。"ええ、そうなの、いけなくなっちゃうの?"と困惑したけど、"私が行くことで迷惑をかけるなら諦めます"と伝えました。楽しみにしていて、そして突然のことでその時はショックでした。それから1週間もするといきなり世界に感染者が増えはじめ、世の中の様子がガラリと変わりました。信じられないほど悲惨な状況になっています。


今になると、突然"渡航しないで"と言われた時は複雑な心境でしたが、行かないで本当によかったとつくづく思っています。マネージャーに"あなたの判断は正しかった。おかげで救われました。ありがとうございました"って1週間くらいして感謝を伝えました。


このコロナ感染で、ライブ、発表会を中止にするにあたり、みんなフリーランスである共演のミュージシャンの仲間、ライブハウスのオーナーも仕事が減ってとても苦しい中、"美知子さんの判断に従うよ!今の状況なら仕方がないですね、ベストチョイスだと思うよ、耐え忍んでみんんなで乗り越えましょう"と、みんな気持ちよくと"理解、承諾して下さったことは本当にありがたかったです。

生徒も自分たちも発表のライブを楽しみにしていたと思うけど、今の状況ならと中止もやもうえないと理解してくれ誰からも不平不満がないことは救われます。


コロナウィルスの感染の収束が1日でも早く来ることを祈るばかりです。


Boosy。chi 4/9/20.jpg

幻のライブになってしまいました。

久しぶり共演を楽しみにしていたpianistの福田さんもリベンジしましょう!って

落ち着いたらこのメンバーでリベンジコンサートをやりたいと思います。

その時をまた楽しみに


ちゃんと立ち向かわないと

友人から,"九州のアーティスト仲間から、熊本県天草に核のゴミを持ち込む話が来ているので

市長宛などに反対の署名運動をしているので東京の仲間にも署名を"と話があり、

私にも賛同できたらよろしくと署名用紙が送られてきました。

天草の美しい海が汚染されたらと言う危機感から立ち上がったのだと思う。

私も、お役に立てるなら?と署名させてもらったけど。
根本はこんなことではない。


まさか!と関係ないと思っていた遥か離れた日本の端の方に?と。

原発問題はこう言う風にいろんなところに問題が起きる。

ちゃんと立ち向かわないと根本的な解決にはならない。

今の技術では何千年も核のゴミは無くならないのだから。

福島の第一原発に増え続ける汚染水のタンクも、そのあとどうなるの?どこに持って行くの?

故郷を奪われた人、帰れない人はどうなるの?

原発はもうやめようよ!


遊びをせんと生まれけむ

もうすぐお正月と思ったらもう一月も終わり。

時の過ぎる速さに驚いていられない、気がついたら80歳になって!なんていうの理想ですが

元気で歳をとれたらラッキーですね。


先日生徒たちと話をしていて、若い人はネットが主流で信憑性のない情報も満載なので信じてしまうと危険だという話をしてくれました。

私もネットも利用しますが、紙が好きで新聞も本も紙派で朝食の後、仕事前の新聞を覗く時間は唯一ゆったりした時間で至福の時です。


"遊びをせんとや生まれけん"という言葉、大好きでで。深い意味はよくわからないのですが、

うん、うん、納得という感じ、人生楽しまなくっちゃ!みたいのつもり。シンガーなんて好きなことをやる仕事自体"遊びをせんとや生まれけん"という感じ。

学ぶことも好きだけど、なんでも面白がって楽しむの大好き。

最近はファンだった俳優の樹木希林さんの座右の名でもあった様で本のタイトルにもなっていました。


今日の紙面(朝日新聞朝刊)で、詩人で翻訳家のピーター.マクミランさんの"星の林に"で、この詩を取り上げて英語の翻訳と解説をしています。


*遊びをせんと生まれけむ

戯れせんとや生まれけん 遊ぶ子供の声

聞けば わが身さえこそ揺るがるれ (『梁塵秘抄』巻2)


*Were humans born to play

Born to have fun

When I hear the cries

of children playing,

my body starts to move too


自分の思っていた解釈間違ってなかった!様で、

『遊びをしようとこの世に生まれてきたのだろうか。戯れをしようとして生まれてきたのだろうか。遊んでいる子らの声を聞くと、私の体までが自ずと動き出す。』


平安時代の後白河上皇は今様(当時の流行歌)に熱中していて、中でも彼が教えをこい、最上の歌い手として尊重した、老齢の遊女の乙前(おとまえ)に学んだ。それをまとめたのがこの歌が入っている、『梁塵秘抄口伝集』に書き留め、それをまとめたのが『梁塵秘抄』とのこと。


こんなことをもっと詳しく、楽しく説明解説してくれて嬉しく楽しい気持ちにさせてくれます。

だからだから電車に乗って乗客が少なく新聞を広げて読める時はまたまた至福の時です。


IMG_0364.jpeg

新年明けましておめでとうございます!


  新年明けましておめでとうございます!
2020年賀状.jpg
ああ、新年のご挨拶と思ったら時計が2日に回ってしまいました。
相変わらず年末もは慌ただしく、30日にやっと年賀状を作って宛名を書いて夜中に投函できました。いつものことながら土壇場でなんとか、閃いたのは子年ということでレッスン室の同居人のBobbyにネズミになってもらいました。
2020年、平和でいい年でありますように!
本年もよろしくお願いします。

ひと足お先にお疲れさま!

終わった!今年最後のLesson(teaching)が。

自分で"一年お疲れさま!"

明日まで仕事の人が多い中、ひと足お先にです。


ライブの後はエネルギーを使い果たして、リミッターが切れたように、ボーッとしてしまって頭がフルに働かないけど、Lesson(teaching)は慣れているので大丈夫ですが、ジムには行ってもダンスのレッスンのふりが頭に入らなかったり、ボーッとしたり。仕事ではないのだから休めばいいのだけど、決めたスケデュールは習性なのかよっぽどのことがなければ休まないアホです。

先日、肺炎で入院した40年らいの友人バンジョープレーヤーのMちゃんも、ちょっと体が変だと病院に行ったら即入院だったと。私たちは自由があるけど体が資本。"気持ちでは平気と思っちゃって体の声を聞いてないのかもね"と、"お互いに気をつけようね"と。


そんな私ですが、自分のライブが終り、気持ちはプレッシャーから開放されて、夜は友人たちのライブや展覧会に伺い楽しませてもらいました。

19日はpianoの古谷淳さんのグループ、アザーサイドカルテットへを聴きに渋谷のクラッシックスへ。山手教会の地下で昔はジャンジャンという劇場でした。20代の時私も友人たちとコンサートをした思い出の場所です。今はシンプルなスペースでジャンジャンの雰囲気はないのですが、古谷さんのグループの自然で知的で繊細なサウンドにはいい感じで酔いしれました。

その翌日は横浜のサムズアップにTapダンサーの群青さんのライブへ。ファンキーでセンスよくて楽しくて大好きなダンサーです。お弟子さんも参加した熱く楽しいステージでした。そして25日は、伊藤大輔さんもメンバーの男性4人のアカペラコーラスグループ鱧人(hamojin)のコンサートに天王洲アイルのKIWA TENNOZに。4人とも実力者揃いでエンターテイナー、冗談も入った楽しいグループ、笑ったり歌声を堪能しました。


まずは明日、友人たちとゆっくり飲めそうです。


IMG_0247.jpeg

古谷さんのアザーサイドカルテット


IMG_0281.jpeg

群青さんのライブの可愛いフライヤー。

IMG_0279.jpeg
KIWA TENNOZで鱧人。最後写真をどうぞと言われ、携帯を探していたら時間切れ。
メンバーは引き揚げて...でした。

素敵な夜になりました

今年最後のライブ、17日のMystery 4のX'mas Live終わりました。

おかげさまで特別な夜になりました。


この日はレギュラーのpianistの田窪くんが参加できず、Tom Peasonが参加してくださいました。

テイストも好きそして芸術性が高くで大好きなpianistですが、共演できるなんて思ってもみませんでした。前にも書きましたがBassistのMarkの友人なので彼がお願いしたら快く引き受けてくださいました。

私はリーダーとして絶対いいライブにしなければと、フライヤーはいつもは自分のプリンターで印刷していたものを印刷屋さんに出したり、初めての共演なのでよりストレスフリーになるためにMarkの勧めで、いつものアレンジのあるものを避け,全曲スタンダードを選びました。その結果、普段着のスタンダードが魔法にかかって新鮮な素晴らしい曲に変わりました。

セロニアス.モンクが言ったという

"名曲はない、名演奏だけ"という言葉どうり。ミュージシャンがどう演奏するかで曲は変わります。

料理も素晴らしいシェフにかかると......

ミスもありましたが、それでもジャズの醍醐味、全体の絡み合いが楽しく観客も4人の化学反応を楽しんでくれたようです。

夢のように贅沢な楽しい夜でした。お客様もたくさんでいい雰囲気を作ってくださって素敵な夜になりました!長く歌っていて良かったとつくづく感じた夜でした。

TomもMarkもDrumsのコーチャンもみんな優しかった。私は何のプレッシャーもなく遊べました。


そんなわけで今年最後は幸せなライブでした。

私はまだまだ発展途上、これからもよくなるように精進したいと思います。

共演の仲間そして、おいでくださいました皆さま、心より感謝です。

ありがとうございました!


image3.jpeg


image4.jpeg

Spice of life おわって次は"Mystery4"です

師走に入ってなんとなく慌ただしくなってきました。

今週の日曜日"michiko yoshino vocal workshop"のレッスン生が参加するコンサート

53回目の"Spice of life"が終了。

みんな半年間のレッスンや練習の成果をステージで発揮、楽しみました。やはり生の舞台は楽しい!Liveです。みんな緊張しながらもそれを楽しんでいるのが良くわかり、終わってからのみんなの笑顔をみると私もまた次も頑張ろうと思います。


私は主宰なので、裏方、ありとあらゆることをやります。プロデュース、監督、プログラムやチケットの作成などから雑用、諸々。毎回勉強です。今回もバンドの小畑さん(Piano)武田さん、(Bass)吉岡さん(Drums)、スタッフのシバ、Pit innの皆さん、そして生徒みんなとワンチームで素晴らしいコンサートになりました。会を重ねるごとに信頼できる仲間、生徒達とみんなで色々学んで協力し合い、一回一回、みんなとの学びの蓄積でいい雰囲気です。

参加されたみんなお疲れさまでした!おいでいただいた皆さまありがとうございました。


今回はより私もなぜか楽しかったような気がします。いろんなことが起こって出れないかも?と心配していた生徒も無事参加でき、またみんなの出来がとても良くて、いつもより頑張って一皮むけた生徒など,いろんなドラマを感じました。

そして私も参加しているプログラム、improvisationのアンサンブルがうまくいきました。みんなの監督だけでもやりがいいっぱいなのですが、やはり私もシンガー、声を出したので一気にアドレナリンが出たのかもしれません。それにimprovisationはスリル満点だから。


今度は後半は12月17日の火曜日の夜の"Mystery4"のライブが控えています。

今回はレギュラーのPianistの田窪くんが参加できないのでTom Peasonさんをお迎えします。

私は彼の大ファンなのですが、恐れ多くて今まで共演をお願いすることはありませんでしたが、BassistMark"Tomは来年4月にSwedenに移住してしまうのでTomができるといいなあ?"って。私"ええ"凄すぎて?!と、戸惑いましたが、Markがたずねると快く引き受けてくださいました。

Wow!すごいクリスマスプレゼントです。

このバンドは、そしてMark Tourian(Bass) 大村亘(Drums)と仲間に恵まれて私はラッキーです。

がんばります。

どんな冒険の一夜になるでしょう!

"Mystery 4"一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。



17Boozy3 chi_1107itOKokok-04.jpg

アイテム

  • Boosy。chi 4/9/20.jpg
  • IMG_0364.jpeg
  • 2020年賀状.jpg
  • IMG_0279.jpeg
  • IMG_0281.jpeg
  • IMG_0247.jpeg
  • IMG_0247.jpeg
  • image3.jpeg
  • 17Boozy3 chi_1107itOKokok-04.jpg
  • spice53CHIno name.jpg

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved