What's New | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

What's New

2001年6月アーカイブ

劇団銅鑼の"センポ.スギハラ"

4月はじめ、私の教えている学校からの依頼で上板橋にある劇団銅鑼にヴォーカル指導にお伺いしました。たった四日間の集中ワークショップでしたが、さすがプロの劇団員のみなさん、当たり前の事ですが、声も身体もチームワークも素晴らしくみんなやる気満々な素敵な人たちで、あっという間に四日過ぎていきました。その銅鑼が、この秋ポーランドに公演にいかれるという事をその時知り、私もポーランド出身の友人(グラジェーナ)のおかげでスェーデンでのレコーディングが終わり、前のに日待望のCDが出来上がって工場から届いたばかりだったので、これも何かの縁かな?と思い、彼女の話をして、彼女と私のCDを差し上げました。そして打ち上げの時、"今年でなければ私もポーランドに行ってみたいなア"なんて思っていました。そして、しばらくして劇団銅鑼の馬淵さんから、"団員が先生のCDが欲しいのでの9枚送ってください"とのうれしいファックスをいただきました。そして、昨日はポーランド公演が決まっている"センポ.スギハラ"を小平のホールに招待していただきました。"センポ.スギハラ"とは、第二次世
界大戦が勃発した頃のリトアニア日本領事杉原千畝の事で、ナチスドイツに追われポーランドから逃げて来たユダヤ人に日本政府の反対を押し切ってヴィザを発給し6000人のユダヤ人の命を救ったという勇敢な領事、杉原氏の物語りで、久しぶりの新劇鑑賞、新鮮な刺激と感動を覚え、嬉しい気持ちで田無市に駐輪していた自転車にて帰路につきました。
銅鑼のみなさん、ポーランド公演の御成功を祈っています。そして、また飲みましょうね!

"ひょうたん山"やりました。

一週間たった昨日、市ヶ谷の教室のHさん(房子さん)が約束どおり"ひょうたん山"のゲームのリーダーになって"ひょうたん山"をやってみました。Hさんがセミナーでやったとき、"みんなうまく言葉で言えなくってすごく時間がかかってね......。 "と言っていたのですが、私達は毎週顔をあわせて一緒に音楽で心をあわせているせいか時間内に出来ました。書いた地図もオリジナルととても近く出来上がりました。みなさんも、何人か集まったら気分転換にいかがですか?同じクラスの、恭子さんにまとめてもらったので"ひょうたん山"を御紹介します。


【Story】
一行(6人)は「ひょうたん山」に登りましたが、下山する頃には嵐が近づいていました。30分後には嵐がやって来るため、急いで宿泊する予定の「花一旅館」にたどり着かねばなりません。しかし、「ひょうたん山」から「花一旅館」までの地図が6分割されてしまいました。

【Rule】
6分割された地図は各自に一枚ずつ渡されます。各々が自分の地図を他の人に見せることなく、お互いに口で説明しあい、みんなで一枚の地図を30分以内に完成させます。
※地図は誰が書いても良いが、自分の地図を説明するときには、自分で書いてはいけない。

【30分で成功した秘訣】
@正確に情報を伝える
A人の話をよく聞く
B協力しあってみんなで作業をする

・・・やっぱり日頃の「コミュニケーション力」(=チームワークかしら)の勝利ってとこですかね。

"ミスをしたら、いかにカバー"

いろいろ小さなミスをする。
このコラムも目を擦りながら書き上げて、よく見直さないで管理室に送ってしまうので、HP上で見ると、変なところに句読点、誤字、脱字が飛び込んで"ああっ"と反省。今も買ってきたばかりのトイレットペーパーをトイレの棚に収納していたら、便器の蓋を閉めないで作業したので一個手から滑って"ポトン"と水の中に落ちてしまった。手抜きをするからたまにはずれる。でもこのくらいは日常のスパイスで10秒くらいで気持ちは立ち直れるし、大事な事はすごく几帳面なはずだったのだが。しかし先週のミスは、かなりあせってしまった。

そのミスとは.......
8月に私のアルバムの発売記念ライブをやることになっている目黒のブルーズアリーの高橋さんから、写真を送ってほしいとの電話を頂いたとき、ライブの日が私が思っていた8/14でなくて8/21であることが発覚!一瞬"ウッソ!"と思ったのですが、決定事項が書いてあるノートを見ると8/21になっている。さあ大変。慌ててミュージシャンに確認すると幸いなことに、最後に加わっていただく事になったギターの山口さん意外は全員8/21にお願いしていた。まだ2ヶ月以上先の事でも、今から彼等を押さえるのは簡単なことではない。すこし胸をなでおろす。しかし其れより少し前にCD発売とライブの御案内の手紙を作製し、チラシと共に200通以上郵送する作業を終えたばかりである。それにはブルーズアリーは8/14と印刷した。御丁寧に、スケジュール、8/14の前売りチケットの案内、チラシにも8/14を強調した。私はまずHPの管理者に電話をいれHP上のライブのお知らせに変更をいれてもらう。それと雑誌の、一番安い名刺大ではあるが広告の枠を買ってアルバムとライブのお知らせを載せた
原稿を出したばかりだ。慌てて雑誌社にも連絡、一社はすでに印刷所に行っているので無理なので来月号に訂正をいれていただくことになった。もう一社は間に合った。さて、送ったばかりの200何人の人達にはどう連絡しよう!連絡しないと突然8月14日、ブルーズアリー行く人いるかもしれない、と責任を感じる。とにかくメールできる人には、変更をお知らせしよう!と、あせったまま、何時間も何時間もパソコンに向かったのでした。あいにく私のマックは買い替えたばかりで、古いマックから移したメールソフトのリストは全部消えてしまい、またやりなおし......やることが山ほどあるのにと、気はあせるばかりで.......その晩寝る前に鏡をみたらげっそり、2キロくらいは減ったと、ふだんだったら喜ぶところでしたが。そして2ー3日してから、少し落ち着いてきたところで、ふと"そうだ、まだ2ヶ月以上あるのだから、連絡できない人には、しばらくして暑中見舞いにライブの変更を添えて"とアイディアが浮かんだ。そしたら、再びお便りを差し上げることができるし......。そうこれで私の、ミスはカバーできるといいのですが。

それにしてもなぜ私が、8月14日と思い込んでしまったのか自分でもミステリーなのです。

"ひょうたん山"

週に2日間市ヶ谷にあるヴォーカルスクールでも講師をしています。グループで2時間半のクラスなので、最初は、身体をほぐしたり呼吸練習をします。そんなイントロなのでみんが集まるまでの時間、慣れるまでは"みんな元気だった?"なんて声をかけましたが慣れると"先週ねえ......"とか、"バイトのお店が急に閉めることになって......"などと生徒の方からもいろんな話しをてくれる。先週は歯科衛生士をしているHさんが"先生、今日歯科医療関係者対象のセミナーがまたあってね、コミュニケーションが大事だということで「ひょうたん山」というゲームをやったんやけど、みんなうまく言葉で言えなくってすごく時間がかかってね......。"と話してくれた。私は面白そうなので"来週みんなでその「ひょうたん山」やってみない?Hさんリーダーやってくれる"と来週のレッスンに入れさせてもらうことにした。そして「ひょうたん山」からのリンクなのか、さっき新聞に目を通していたら"乗務員チームワークに新訓練"という見出しの記事が目に止まった。JALの客室乗務員の為の新訓練で「CRM」と呼ばれるそうだ。従来の訓練はミスを完全になくすのが目的だったが、完全になくすのは不可能なので"誰かがミスをしたら、仲間がカバーしよう"という訓練で、言葉によるコミュニケーションがいかに難しいかということ身をもって体験することにあるという。これも"ひょうたん山"みたいだな?と思い、私は"ミスをしたら、いかにカバー"と結んだ。なぜって?

私にスウェーデンでのレコーディングを薦めてくれたGrazyna(グラジェーナ)彼女は、ポーランド出身、現在アメリカのシカゴ在住の才能のある素晴らしいヴォーカリストです。彼女とは、ボストンのバークリーの時に出会って以来の仲の良い友人です。彼女の歌はクリエイティヴでデリケート、スリリングでそしてとってもオリジナリティーのあるスキャットシンガーでもあります。現在彼女はシカゴを中心にヨーロッパなどでも活躍しています。先日、TokyoFMの悠雅彦さんの番組に私がゲストで招かれた時彼女の話しをしたり、アルバムを持っていって2曲かけてもらいました。チューナーがないと聴けないCS放送の番組ということです。詳しいことを確認しておきます。私のアルバムを扱って下さる代理店に、彼女のも扱っていただけないかお願いしたところ、"吉野さんのが、売れてきたらその後に"ということなので、まず私のをみなさんに応援していただかなければなりませんね。早く聴きたい方は、私が彼女から何枚か買ったのがありますのでお分けします。ボストンに住んでいたときは私も彼女も料理に興味が会ったので、招待しあってお互いの料理を楽しみました。クリスマスにはポーランド式のクリスマスに招待していただきました。そうだ、ベルリンの壁が壊されとき、グラジェーナのアパートで一緒にポーランド人の仲間とテレビを見ていたのですが、みんな食い入るように画面を見つめ、凄い緊張と興奮だったのを今でも鮮明に覚えています。そのグラジェーナとは、2年に一回くらい、私がシカゴに寄った時や、イヴェントで会う程度で、普段は電話かメールくらいです。"今年はギリシャのキプロス島で1ー2週間、来年は....で会おうね!.と、いきたいね"と4ー5年前から言っているのですが......なかなか実現はむずかしいようです。

★彼女のサイトです。http://www.gmasounds.com/

★私がゲスト出演したTOKYO FMの悠雅彦さんの番組の放送日は、

6/23(土)20:00~22:00
6/24(日)12:00~14:00
こちらはCSでの放送です。

6/26(火)0:00~2:00(=月曜深夜24:00~)
こちらはコミュニティFMでの放送です。

ナゼ?スェーデン録音

そうそう、今日はナゼ?スェーデン録音という事を書いてみようと思っていたのです。
それはバークリー時代からの親しい友人でシカゴ在住のVocalist であるGrazyna Augustick(グラジェーナ.アウグスチック)のすすめによるものです。アルバムのライナーノートにも書いたのですが、昨年のリサイタルの感触でひさしぶりにレコーディングをしたくなりました。しかし日本でのレコーディングは17年ぶりなので思うように事が運びません。そんな時、グラジィーナが、それならシカゴでやったら。私が美知子に合うミュージシャンを集めるからと言ってくれ、久しぶりに日本と思ったのですがアメリカの方が気が楽かな?なんて思い、すでにピアノでお願いしていた大徳さん以外はグラジェーナにお願いしてミュージシャンを集めてもらうことにしました。そして私は、大徳さんにシカゴで行うことをお伝へしてスケジュールを決めたりフライトチケットの予約をいれしました。しばらくして、ちょうどスウェーデンの友人のスタジオでレコーディングしていた彼女からミュージシャンも素晴らしく、静かで、ゆったりとしてい良い環境であり、美知子に合うのでスウェーデンにしないか?と連絡がはいりました。私は、シカゴでも、スウェーデンでも、貴方が良いと薦めてくれるのならとスウェーデンでやることにしました。旅好きの私でも憧れはあって、そしてなぜか自分の故郷とは言わなくても近いものを感じていた北欧を、訪れたことは一度もなかったのでレコーディングがますます楽しみになりました。

レコーディング.......

今回のアルバム"After A Long Spell Of Rainは、私の2ndアルバムですが、実は私個人のレコーディングは4回目になります。最初は17年前の1stアルバム"One Love Michiko" そしてその後ボストンで2回ほど録りました。ボストンでの最初録音したものを10年前帰国した時クラウンと言うレコ-ド会社に、送ったところ、出して下さるという話だったのですが、私の気持ちの準備が出来ていなかったのか、結局お断りして、何年かして再びボストンでレコーディング......それもそのままでした。周りの人の中には美知子さん、何してるんだろう?なんて思っていた人がいた様でしたが、ハイ、マイペースなんです。そして、今新しい、BlueVega(ブルーヴェガ)というレ-ヴェルも作りましたので、今作が落ち着いたら前のボストンでのレコーディングしたものもアルバムにしてみたいと思っています。いつかまだ分かりませんが楽しみにして
いて下さい。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved