What's New | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

What's New

2003年8月アーカイブ

ただ一激にかける

パリで行われている世界陸上の200m決勝戦は眠気に勝てず寝てしまった。
決勝まで進んだ、日本のエース末続選手の最後の走りを見たかったんだけど。
気になってか今朝はいつもより早く目が醒めてしまった。
テレビのニュースで見たいとチャンネルを回すがどこの局もやっていない。
ニュースも日本のプロ野球の結果しか出てこない。
仕方ないのでインターネットを覗くと、"末続200m日本初銅メダル獲得!"と、
"ヤッター"と喜ぶけど、走りの映像が見たくてまたテレビに戻る。

やっぱり出会わず二回転くらいチャンネルをまわしたらスコットランドのグラスゴウ というところの映像が出て来た。
そこで行われた剣道の世界選手権のドキュメンタリーらしく、胴着を付けた内外の選手の ただ一激にかける凛々しい戦い風景が私の気を奪ってそのまま終わりまで見入ってしまった。
剣道をオリンピックに!と言う声が世界中からあがっているが日本は反対とのこと。
剣道は勝てばいいだけのスポーツではなく特に心が大事であるため、オリンピックの種目に なると勝つ事が優先になって本来の剣道ではなくなってしまうからとのこと。

挫折から抜け出し全日本そして世界選手権を制した大将の栄花選手は、困難から逃げず無心になる 事で厳しい戦いを勝ち抜いた。
思わず朝から感動の涙が!

朝から身の引き締まる思い。本当に引き締まってくれればいいのですが。
これは冗談!でもほんとでもありです。
まじめに戻ります"困難から逃げず、無心で"今日はいい一日になりそうです。

もっとジャズ聴きに来てほしい

私の最初のおけいこ事は母の趣味で日本舞踊でした。
そんならもう少ししとやかにならなかったの?という感じですね。

踊りは身体で奏でる表現、見るのも大好きです。
今日は渋谷の文化村で"ローラン.プティの世界。デューク.エリントンバレー"を見ました。洋楽をやっている私は、今は洋舞のほうが見るのも好きです。
デューク.エリントン(ジャズ界の巨匠で故人)ローラン.プティ(フランス人でバレ-界の鬼才)それと日本人バレリーナ上野水香に興味があって3ヶ月以上?前に奮発して一番いいチケットを買って楽しみにしていました。

"楽しかった?"
"ウ-ン残念!"
クラシックのオーケストラがジャズを演奏するように、全然スウィングしないし、デュークのオーケストラの音楽の持つパワーやリズム、ハーモニーからくる独特の妖しさのようなものが特に日本のダンサーから(牧阿佐美バレー団)感じられず欲求不満になってしまった。ジャズダンサーじゃないから仕方ない?でもそんなこといってられないよね。
ダンサーももっとジャズ聴いてほしいよね!
ライブハウスに足を運ぶとか!!!!
本当にダンサーこそもっと音楽勉強したらもっとよくなるのに!
飛べなくても足が上がらなくても(そうはいかない?)もっと表現が生き生きするのに。

5ー6年前に、バーバラ.ヘンドリックス(アフリカ系アメリカ人のクラシックシンガーで私は彼女のスピリチャルが大好き)がデューク.エリントンを歌うというコンサートがあってデュークとバーバラに惹かれて行きました。
結果は?企画としては面白かったのですが、私は楽しくなかった、それにクラシックのホールにPA(音響)を使って音響は最悪でした。

バレーを見ながら今日は"コラムだ!"て。

転送メール

数日前、アメリカの友人からフレンドシップについて書いてあるショートストーリーのメールが転送されて来ました。
転送メールはアメリカではよくあるようで、フレンドシップの話しやクリスチャンからのもの、ちょっと前は反戦署名などがよくまわって来ました。
前のアドレスの時は、外国からの商品の売り込みなどのDMメールがよく来ましたが、そういう時はほとんど削除しました。

今回は友人からですが、急用ではなさそうなので一日おいて読んでみました。
よんだらいい話しなのです。気に入ったので、メ-ルに書いてあるように何人かに転送しました。(英語なので興味のありそうな友に)
そしたら以下のようなメールをいただきました。

その1
This is a very good story! It's something we all need to remindourselves about!
All relationships are a gift and you never can fuilly understand the importance!
Thank you for sending it to me! Please count me in the "circle!"

その2
吉野さん、私に転送して下さってありがとう!

その3
「let's see if ---」と題したメールがあなたから転送されてまいりましたがご承知のものでしょうか、最近のウイルス騒ぎで少々神経質になっておりますが。

このメールには、ちょっとびっくりしましたが"私が送ったものです、怪しいものではないと"返信しました。


そのストーリーの原文は以下です。興味のある方は読んで下さい。いっておきますが私は無宗教です。
(英語の苦手で興味のあるかた方は、不完全ですがウェブの翻訳ソフトや辞書をお試し下さい)

Let's see if you send it back...?

One day, when I was a freshman in high school, I saw a kid from my class was walking home from school. His name was Kyle. It looked like he was carrying all of his books. I thought to myself, "Why would anyone bring home all his books on a Friday? He must really be a nerd."

I had quite a weekend planned (parties and a football game with my friends tomorrow afternoon), so I shrugged my shoulders and we nt on.

As I was walking, I saw a bunch of kids running toward him. They ran at him, knocking all his books out of his arms and tripping him so he landed in the dirt. His glasses went flying, and I saw them land in the grass about ten feet from him. He looked up and I saw this terrible sadness in his eyes.

My heart went out to him. So, I jogged over to him and as he crawled around looking for his glasses, and I saw a tear in his eye. As I handed him his glasses, I said,
"Those guys are jerks. They really should get lives." He looked at me and said, "Hey thanks!" There was a big smile on his face.

It was one of those smiles that showed real gratitude.

I helped him pick up his books, and asked him where he lived. As it turned out, he lived near me, so I asked him why I had never seen him before. He said he had gone to private school before now.

I would have never hung out with a private school kid before. We talked all the way home, and I carried some of his books. He turned out to be a pretty cool kid. I asked him if he wanted to play a little football with my friends. He said yes.
We hung out all weekend and the more I got to know Kyle, the more I liked him, and my friends thought the same of him.

Monday morning came, and there was Kyle with the huge stack of books again. I stopped him and said, "Boy, you are gonna really build some serious muscles with this pile of books everyday!" He just laughed and handed me half the books.

Over the next four years, Kyle and I became best friends. When we were seniors, we began to think about college. Kyle decided on Georgetown, and I was going to Duke.
I knew that we would always be friends, that the miles would never be a problem.
He was going to be a doctor, and I was going for business on a football scholarship.

Kyle was valedictorian of our class.
I teased him all the time about being a nerd.
He had to prepare a speech for graduation.

I was so glad it wasn't me having to get up there and speak. Graduation day, I saw Kyle. He looked great.
He was one of those guys that really found himself during high school. He filled out and actually looked good in glasses.
He had more dates than I had and all the girls loved him.
Boy, sometimes I was jealous.

Today was one of those days. I could see that he was nervous about his speech.
So, I smacked him on the back and said, "Hey, big guy, you'll be great!" He looked at me with one of those looks (the really grateful one) and smiled.
"Thanks," he said.

As he started his speech, he cleared his throat, and began. "Graduation is a time to thank those who helped you make it through those tough years. Your parents,your teachers, your siblings, maybe a coach...but mostly your friends. I am here to tell all of you that being a friend to someone is the best gift you can give them. I am going to tell you a story."

I just looked at my friend with disbelief as he told the > himself over the weekend. He talked of how he had cleaned out his locker so his Mom wouldn't have to do it later and was carrying his stuff home.
He looked hard at me and gave me a little smile.

"Thankfully, I was saved. My friend saved me from doing the unspeakable."

I heard the gasp go through the crowd as thi s handsome, popular boy told us all about his weakest moment.
I saw his Mom and dad looking at me and smiling that same grateful smile. Not until that moment did I realize it's depth.
Never underestimate the power of your actions. Wi th one small gesture you can change a person's life. For better or for worse.

God puts us all in each other's lives to impact one another in some way. Look for God in others.

You now have two choices, you can:
1) Pass this on to your friends or
2) Delete it and act like it didn't touch your heart.

As you can see, I took choice number 1. "Friends are angels who lift us to our feet when our wings have trouble remember ing how to fly."


It's National Friendship Week. Show your friends how much you care. Send this to everyone you consider a FRIEND. If it comes back to you, then you'll know you have a circle of friends.

WHEN YOU RECEIVE THIS LETTER, YOU'RE REQUESTED TO SEND IT TO AT LEAST 10 PEOPLE, INCLUDING THE PERSON WHO SENT IT TO YOU.

元気をもらったショートトリップ

2日ほど郷里の沼田に帰りました。
たまたまオフが祇園祭りと重なったのでほんとうに久しぶりの夏の帰郷でした。
まんどう(山車)やお神輿が通りを練歩き、金魚すくい屋やヨ-ヨ-つり屋などお祭りらしい出店や屋台の並ぶ街は、懐かしくいい気持ちでした。
広場で見た、お神輿を担ぎ終えたばかりでまだ興奮している若者の表情は輝いてとても美しかった。
私はライブで燃えるので、ほんとうのお祭りには縁がないけどお祭りはその土地に住む人達が出演するすごく熱いパフォーマンスなんだなあ、とあらためて思いました。

東京への帰り、新幹線の上毛高原駅の切符売り場で70歳前後の外国人の男の人が、駅員さんとコミュニケ-ションが出来ず困っている様子だったので声をかけました。上毛高原は山の中にあって乗客の少ない新幹線の駅で、外国人がいるのはめずらしいことです。そのままホ-ムまで案内したら"I am Jim"と握手を求められお礼を言われ結局東京駅まで御一緒しました。
ジムさんは、南カリフォルニアの大学で経済学を教えている先生で、理論だけではつまらないので中国に何かを輸出しているそうです。(何のビジネスか聞いたのですが忘れました)その中国に行く途中に温泉が好きなので、成田で降りて上毛高原駅から法師温泉に寄って3泊したと言う事です。2月は宝川温泉(谷川のふもとにある大露天風呂が有名な温泉でオーナーは私の小学時代の友人です)に行ったそうです。

私は最初リタイアして観光旅行でもしている人かと思ったのですが思い違いでした。
それにしても好奇心の旺盛なポジティブかたでした。
若いバックパッカーならいざ知らず、日本語は全然話せないのに。バリアがないのですね。

久しぶりの祇園祭の帰郷は、ちょっと小さくなったけど元気な母に会って、祭りの若者のエネルギーに出会い、最後はジムさんに出会い、たくさん元気をもらった良い旅でした。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved