What's New | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

What's New

2003年10月アーカイブ

年じゃないよ!

ちょっと古い話なんだけど。
と言ってもこの間の話。気になっていたので遅ればせながら発言します。

中曽根元首相は結局政界を引退する事になったらしいけど、本人はまだ燃えていた。
小学生の頃だったか中学生だったかはっきり覚えてないけど、社会科の授業で年齢と職業というのを勉強した時、政治家は歳をとっても働けて、若い人より経験を重ねた年齢の上の人の方が多い、と言うような事を知った覚えがある。

私は中曽根さんのファンではないし、むしろ同じ群馬出身でも好きではなかった。
でも今回の自民党の対応は、やっぱり自民党か!と言う感じで、中曽根さんの肩を持ちたい。
中曽根さんが高年齢で、もし職務上マイナス面があるなら仕方がないが、ただ年齢で差別するのはおかしい。
聖路加病院の日野原先生も90歳くらいの年齢と認識していますが、まだバリバリ働いたりチャレンジして他の人を勇気づけたり世の中のためにとても貢献しています。
年齢では決められないのです。

サラリ-マンのように定年なんて決めなくても政治家は有権者が決めます。
引退して今度は大学の先生をやりたいと政界を去った塩爺こと塩川さんも80歳を過ぎていたと思います。彼が若かったらあの味は出なかったでしょうし、もちろん塩爺なんて素晴らしいニックネームはつかなかってでしょう。
石原慎太郎は、彼の発言には問題はありますが、70歳を過ぎてもやる気満々で働いています。

まあ、私の言いたかった事は、人の能力にはいっぱい可能性があって、ステレオタイプに高齢だからだめとか、女性だから、男性だからとか.......だからと、決めつけられると、可能性も夢もない窮屈で平均的でダイナミックスのない、つまらない世の中になってしまうと恐れるのです。

リラックス成功

今日土曜日は週の中でレッスンが一番忙しい時。ずっと喋り通しでした。
やっと終わって、私はク-ルダウンの為にビ-ルを買いにコンビニへ。
このままだったら神経が興奮状態で眠れません。
明日は録音で青梅のスタジオに行かなければならないので眠らなければなりません。

いつも利用している近くのミニストップは突然、"本日で営業は終了しました"の貼り紙と共に、外からはガランとした店が。そう言えばこのお店は近いから利用したけど、店長らしき人は愛想がなく暗かった、仕方ないか、やっぱり!と、独り納得。その足で50M先のセブンイレブンへ。先のミニストップより明るいム-ドが漂って元気な感じ。否応なく今日閉じたばかりのミニストップの事を思ってしまう。
ビールは2缶もあれば十分なのに、いろんな新しいデザインのビ-ル缶に目がいって、6ー7種類のビ-ルをカゴに詰めその上レジでおでんに目が行く。

セブンイレブンでおでんを買う時、嫌なのは"大きい器ですか、小さいのですか?"と、聞かれること。
そんなの窮屈だから最初から決めさせないで!と心で悲鳴をあげる。
スーパー行ったってその時の気分で"面白そう!美味しそう!安いから買ってみようかな!とか、思いきって買おう!"とか、私はゲームのように買い物も楽しんでいるのです。
だからおでんだって、その場で幾つ買うなんて決められないです。
"ダイコン、昆布巻、白滝でもやっぱり玉子食べたいなあ!....."の気分なのです。

買って来たビールを飲む前にバスタイムをもうける事にした。
そう言えば朝から新聞も見ていない。久しぶりでぬるめの湯に浸かって、朝刊、夕刊をまとめて読む事に。一日中声を使った私はこの先、無言でいいと疲れた喉も安とする。
お風呂の前にTV版を見たら、小椋佳のドキュメンタリー番組をみつけそのまま録画ボタンを押す。彼は何年か前に癌がみつかって大手術をしたということなので、仲のよい友人が癌と戦っている私にとっては、特に興味をそそった。

その後は、
お風呂でのぼせる寸前まで新聞も読みふけり、久しぶりにパックをして、ビールのグラスを片手に録画したての小椋佳のドキュメンタリーに魅入って.........

あの緊張感が好き!

秋のピットインライブが終わりました。
おいでいただきましたみなさんありがとうございました。
充実したいいライブでした。
前やった曲のアレンジに私もみんなも慣れて来たのですが、慣れている曲ばかりではと、3ー4曲新しい曲と仕掛けを作ったのを入れたのも手伝って、スリルがあって私を先頭にみんな緊張感がただよっていました。

私は緊張感が好きなのです。
本当はもう少し、新しいアレンジにも慣れて余裕の中での緊張感のほうがいいのでしょうが、そうするとまた危ない事をしたくなります。
それにチャレンジしているときの緊張感は危ないけど新鮮で気持ちいいのです。
よくスポ-ツ選手が、オリンピックの緊張感とか、日本シリ-ズの緊張感とかは特別で、他では味わえない、とかいいますね。
緊張感の魅力ですよね。

私のレパートリーの一曲チックコリアのHigh Wireは、サーカスの綱渡りの人の歌で、
空中に張られた綱を渡る時、恐いけど大好きで最高に自由な気分になれると言う歌です。

私にとってライブは、緊張感があって最高に新鮮です。ミスっても次はと思うのでやりがいがあります。

今回のメンバーで、来年2月19日にまたこのシリーズを演ります。緊張感のあるアンサンブルです。
緊張感好きな方はぜひ聴きにいらして下さい。

毎年カボスありがとう!


今年も今朝、九州の秀さんからカボスの箱が届きました。
毎年毎年この時期になると、みずみずしく、まっさおなカボスを送って下さいます。
秀さんは九州の大分の佐伯市の歯科技工士で、私がファーストアルバムの九州ツアーで佐伯に行った時に お会いしました。
それ以来毎年毎年かれこれ20年近くカボスを送って下さいます。
私がアメリカに滞在中の時も東京の家に送って下さいました。届いたカボスは、お友達や生徒にお裾分けしたり、焼酎に、お魚、サラダのドレッシングにと贅沢にいただきます。
日本酒に入れて化粧水を作った友人もいます。私は昨年は初めてカボス酒を作りました。
今年も16日のライブが終わったら梅酒用のビンでも買って作ってみようと思います。
カボス欲しい方、お裾分けしますよ!
秀さん毎年毎年カボスありがとう!

"美とは人がそれを知らせたくなる行為"

数日前ちらっと見たTVの事をふと思い出しました。
画家の千住博さんが美について話していました。
チラッと見ただけなので正確には覚えていませんが、クロマニヨン人の時代、それまでは動物など見たとおりに描いていたのだけど、見えるとおりじゃなくて"こういうのもあるよ"と、自分が感じるものを描き始めたのだそうです。
美は神の領域から人の領域に移ったのだそうです。
美しいと感じる心が人間を作ったとも言っていました。
そしてゲーテの言葉"美とは人がそれを知らせたくなる行為"を紹介していました。
3チャンネルの遅い時間だったと思います。
もう一度ちゃんと見たいです!

年頃です

最近太るお年頃のせいかお腹が気になって来ました。
腹筋運動は普通の人よりやっているつもりですが、それでも私の意志に反して成長しているようです。
"腹筋も慣れて楽にやれる程度ではだめかなあ?"なんて、まじで対策を考えていたところ、今夜のテレビでお腹が痩せると言う特集をみつけました。
見ましたよ!
なかなか勉強にになりました!?
その番組によると、特にお腹に肉がつく人は、腸の動きが悪いのが原因とのこと。その結果、内臓脂肪もついてしまうらしい。
ううッ、私は三食きちんとは食べてないし、カスピ海ヨ-グルトも休み気味....
番組によると対策は?
お腹を被う復横筋を鍛える事、それが腸の動きを助けるとの事です。
鍛え方としては、ヨガのポーズや屈みながらお腹をすごくへこませながら6秒で吐き3秒で吸うなどの運動と腹式呼吸との事。
腹式呼吸は私は毎日やっているのですが、ヴォーカリストは、スタッカ-ト以外は歌う時は横隔膜筋を前腹部に強く押しつけて緩めないので(いろいろ勉強した結果このようにに私はやっています)、お腹をへこませないのです。
もちろんお尻の臀筋とお腹の下の骨盤筋は収縮させて引き上げるのですが、胃の部分は膨らませてフレ-ズの終りまでキープします。
だからなのか私の胃の前部が最近膨らんで来ました。
ううん、これのような気がします。
ホーン(管楽器)奏者はお腹が膨らんでいる人が多いですが、やはりヴォーカリストと同じ理由かな?今度聞いてみよう!

じゃ、私の対策は、
発声の時、横隔膜筋を内側にひく練習を加える。
そしたら結果的に復横筋を鍛える事になるんじゃないかと思うのですが...
それと生野菜ジュ-スの為のミキサ-買おうかな!!!!?

結果はまた後ほど。乞う御期待!!!

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved