What's New | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

What's New

2007年11月アーカイブ

お休みをとりました..

日曜から三日間お休みにした。期限切れが迫るマイレージもあるので、2泊でも美しい沖縄の離島の海でも?と思ったけど、早朝の便しか無く、寝ないで空港に行くのは気が進まず、旅行はやめて、東京でのんびりする事にした。
前夜祭は、レッスンが終ったあと、井の頭公園の近くの知人のお店へ。

ホリデー1日目。
ゆっくり朝風呂、そして2時にボサノバのライブがある赤坂へ、雰囲気はクラシックのサロンコンサートの様な感じ。客席が丸見えなので、お行儀よく紅茶を オーダー。いただいた案内のチラシにはパスタとか食べられるとあったけど、演奏者の真ん前で食べれる雰囲気でもないのでやめた。しかしせっかくのホリデー 楽しまなくっちゃと思い直しビールとサルサチップスを注文。だんだんビールが効いて身体が自然と動いて来た。素晴らしいギターに2本のフルートの演奏、で もやはりボサノバは歌が,声が聴きたいと思ったら、ギタリストも歌ったり,ヴォーカルのゲストもいたので楽しかった。日曜日の昼の赤坂の街はガラーンとし ていい感じ、でもそのまま家に帰る事に。無性にラーメンが食べたくて駅に着いたらラーメン屋に飛び込んだ。そして9時からはタケシ主演のドラマ"点と線" を見た。昨年母のところに通う様になって、時刻表を利用していたら、清張の"点と線"を思い出し、文庫を引っぱり出して読み返していた。それに主演の刑事 をたけしが演じるというので興味があった。たけしはとてもとてもよかった。透明感があって彼のマインドはやはりかっこいいからああいう演技が出来るんだろ う!と、思った。

2日目。
ゆっくり起きたけど、そのままパソコンに。昨日から突然インターネットが繋がらない、"休みだからいいの!"という事かな?と、昨日は、ほっといたけど、 タケシのドラマを見ながら事件を推理していたら、パソコンのトラブルを無性に解決したくなった。私はAirmacという無線を使っている。Macのサポー トに電話すれば手っ取り早いのだけど、自分で原因を突き止めたくなった。設定をいじったり、アップデートしたり、メモを覗いたり...で、点も線も無く事 件は解決。
そしてそのままパソコンで印刷物を作ったり一日中仕事をしてしまった。まずい!今日は休みと思ったけど、内心こういう仕事がたまっていたので、石垣にも行 かなかったのだと,納得。でも、ご褒美に夕飯は近所に最近出来た漁師がやっているというイタリアンレストランへ。大して期待しなかったけど,少しは期待し たのかな?やっぱり星はありませんでした。残念。

明日はホリデー3日目。結構予定が入っていますが.......

ぼっーとしてると今年が終わりそうだから...

急に寒くなって、冬なんだって感じてます。これからはセーターですね。先週まで薄手のシャツに外に出る時は軽いジャケットを引っ掛けてたけど、これからはダウンやウール着たりね。ぼっーとしてると今年が終わりそうだから、なんか書き出してみます。

ずーとゆっくり季節を感じたり、味わったりしてないから、いつも目の前に迫っている事に精一杯対応してそして気がついたらもう12月?なんて感じなんだけ ど、それでもそれが日常なので、一つづついい感じでやり終えて、そして次に進めればいいと思っています。時々ドジをしたりして慌てるけど、ここのところ大 丈夫です。

この2週間近くを振り返ってみると、ピアニストのばらさんバンドのリハを家でやって、翌日10日はorgan Jazz 倶楽部のライブ。4月以来でしたがいい感じで終りました。おいでいただきました皆様ありがとうございます。それから2日間は風邪とライブあとのボけで覚え てないないくらいダウン。そしてピントが合う間もなく

Blue-Tのライブ。前回7月のライブでお店の壁にドラムスがハウってしまったので、今回はドラムレスのTrioに私のVoiceの編成。お店には今回 からPianoはスタインウェーに代わって、pianoの大徳さんも気分良さそう。いい気分は伝染してBassのMark,TPの伊勢さん、私もすごくい い気分、いい感じでリハが出来たんだけど、私のライブでは初めて、お客が少なかった。ショック!。でも、みんなあたたかく素晴らしい演奏だったので、家に 帰ってお客が少なかったショックも超えて私はとても幸せでした。

翌日は友人の七宝アーティスト提橋景子さんの個展のオープニングパーティのため麻布へ。以前は彼女の小さい作品しか拝見していなかったので、80号近い キャンバスからはみ出している立体的な作品や七宝の可能性に圧倒された。パーティーでは胡弓の中国人の巨匠.程氏の演奏に即興のダンスが加わったので、次 の曲は酔いがまわった私も入れてもらって一緒に声で入れていただいた。この日は俳句やろう!って、誘われたり、素敵な方達に出会ったり、ライブが終って ホッとした開放感も手伝って多いに楽しんじゃった。

週末はバッチリ生徒のレッスンに戻り、翌日は長野のSparkly Joyのみんなのところへ。レッスンに伺って3年目。3人の新しい生命が生まれて、ママ達はもとより、ちびちゃん達の成長をみて毎回驚いたり微笑んだり...

その帰りに群馬の母のところに。沼田の駅に着いたら雪!が飛んでいて"冬"を急に感じ身体がちじこまった。最近はタクシーにすぐ乗らないで駅前のお店で母 の大好きなみそまんじゅう(焼きまんじゅう)を売っているのを見つけたので、買ってから向かう。みそまんじゅうは、群馬の名物。母のところに着いたら、二 人で和みながらスケートの真央ちゃんの転んだけど素晴らしい金の滑りを見て、母の寝た後は、施設のゲストルームで、ビールを飲みながら...。

翌日は、舌がざらざらして痛むという母と併設の病院へ。診察の先生は、大して診療もせず老齢だから...みたいな投げやりないい方。"先生は年だからだっ て、帰ろう!"と、むかっときて、私は、母に言った。先生は、我に返ったようで、味らんが...とか、言い直したけど。その先生は、以前母が入院した時の 説明を聞いた時も、やる気が無い様な感じで私はあきれた。母の回りの人たちからも親身に診察してくれないという話を聞いていたし、知り合った方のお母さん が亡くなった時に"やっと逝ったね"と言われたそうで、その方はすごく怒っていた。これで私の堪忍袋の緒が切れた。

施設に戻って私は所長に話した。"あの先生は、全然情熱が感じられず患者を傷つけるいい方をする。老人医療に携わる医者の自覚に欠けている"と。若い新しい所長はまじめに聞いてくれた。施設はみんないいスタッフで私はしょっちゅう行くので、私もみんなと仲間という意識だ。

そして今週もすぎてゆきます.....

"あっ、咲いている!"

Hawaiiの花"あっ!咲いている!"友人の家をたずねたら、2月にハワイのお土産日にあげた、ジンジャーの花が咲いていたのです。思わず、ワーーー!です。香りもすばらしいです。思わずハワイの夕日や汐の香りまで思い出しました。
昨年あげた友人のは全然咲かず背が高くなるだけ、私のも同じ、花はいつ咲くのかなあ!と、半分あきらめかけていたのですが。
友人に写真を送っていただいたので、見て下さい。きれいでしょう!
私もあきらめず待ちます。

日本賞

群馬の母のところに行った時は早く起こされるので軽くアルコールを飲みながらTVでも見ながら寝入る様にしている。その夜(日曜日)たまたま見たNHKの"日本賞"発表の番組は、酔いが手伝ってかすごく感激した。

"日本賞"とは、NHKの説明では、"1965年にNHKが設立した教育番組国際コンクールで、世界の教育番組の向上をはかるとともに国際的な理解と協力 の増進に役立つことを目的としています。特色あるコンクールとして広く知られており、世界各国から多くの作品や企画がエントリーされます。"ということ で、規模や豪華さは違うけどアカデミー賞の発表の様に賞の発表は、関係者が円卓に集って発表を待っていたり、ノミネートされた作品の一部が上映されたり、 見事受賞に輝いた作品の代表が壇上に上がってコメントするとこは映画やミュージカルのそれと同じなのだが、壇上に上がる人は、エンターテイメントのハリ ウッドやブロードウェイとは大きく違い、自然で知的な美しさに溢れた人々、作品、そして受賞者のコメントなどとても素敵だった。ハリウッドが嫌いなわけで はないし、あれはあれで楽しいのだけど、とてもSympathyを感じた。http://www.nhk.or.jp/jp-prize/2007 /frame_photogallery.html

主宰者のNHK側の力みかもしれないけど、いいかんじだった一生懸命司会を務めた男性アナウンサーと女優の木村佳乃も、自然体な作品の出品者達に比べると 妙に硬く感じ、また発表の合間に演奏される音楽が、佐藤しのぶさんの声楽そして室内楽で演奏された"上を向いて歩こう"だけど、みんな素晴らしい演奏家だ けど、クラッシックじゃないとダメ?と、こういう気取らない人たちの中ではかしこまりすぎな感じ。もっといいチョイスがあると感じたけど。別にジャズじゃ なくちゃ!とか、日本太鼓とか日本的とは思わないけど、重すぎる感じがしてNHKいいことやるんじゃんと思ったけど、ここで残念。もう少し自然ていうかカ ジュアルさが加わった感じの方がおしゃれと思ったけど。誰かこの番組見てなかったですか?
じゃあ、もし私がこの演出家だったら、どうするかなあ....
私は、現役のシンガーでありもっといいシンガーになりたいと気持ちはいっぱいなのだが、教師でもある私は、自分の生徒にもよくなってほしい気持ちはいっぱいだ。だから1日レッスンが終わるとぐったりしてしまう程だけど。
自分のけいこ時間より、圧倒的に教える時間が長いのだから自分の情熱や向上心を、生徒に向けて、具体的に指摘をする。この情熱を自分に全部注いだらもっとうまくなると絶対おもうけど..。しかし、これが私の人生だ。
もちろん自分が受け入れた生徒だから向き合う時は、愛を持って、その人の為にと指摘する。熱心な人は実行してくれるので、見る見るうちに変わってくる。変 わってくるのを見るとうれしい。一曲レッスンするのでも、いいものを作るのを目的にやるのだから、美術の作品作りと同じだからこっちもどん欲になる。ここ はよくなったけどまだここがダメと。本当に重箱の隅をつついているようだ。でもバレーの先生とかだって、首、腕をあげて、とか、もっと厳しい。じゃない と、きれいな踊りにならないから。
今日ふと"教育ママってこんな感じなの?"なんて、思っちゃった。子供とか育てた事は無いけど。

野球の神様が微笑んでくれた。

日本シリーズは中日が制覇した。どこのチームのファンではないけど、中村紀洋MVPはうれしい!
彼が今年オリックスを解雇され一時移籍先探しも難航。しばらくどこの球団からの誘いが無くて絶望的で"どこでも野球が出来れば"と、どこかの球団からの受 け入れを待っていた。私は野球はイチローなどの、メージャーリーグのニュースを楽しみにしている程度だけど,スポーツは好きだからいろんなニュースは新聞 や,テレビから耳に入ってくる。彼はオリンピックや世界大会の時はいつも出場して活躍していた優秀な選手なので、知っていたので、"気のどくだなあ!" と、心配していた。そして中日が誘ってくれて(拾ってくれたというくらい難航していたからね)2軍の育成選手から出発。本人はまた野球が出来れば嬉しいと いっていた。私はきっと始まればまた上がってくると思っていた。

あ、もう一人、大リーグの松井稼頭央、彼の活躍もうれしかった!けっこう私は野球好きな方かな?渡米してから、メッツでは怪我などでふるわず、マイナー リーグに落ちたけど、這い上がって今年はワールドシリーズまでいって大活躍出来た。以前マイナーリーグでの生活をの様子の報道を見た。ひるむ事無くいいプ レーが出来る様な研究やトレーニングをしていた。

才能そして本当に野球が好きで純な気持ちで向かった彼らに、野球の神様が微笑んでくれたような気がする。
おめでとうございます!
音楽の神様は"ミュース"だけど,野球の神様は?

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved