What's New | Michiko Yoshino | ジャズボーカリスト 吉野美知子

What's New

表現税

野球選手のイチローがマリナーズに戻って、"僕がチームにできること何でもやりたい"と言っていたけど、野球ができることが本当に嬉しいのだと思う。そこには感謝やいろんな思いが。
メジャーリーグに行ってからすごい記録を作っても、プレーで苦しんだり、すごい扱いをされたり苦しいことの方が多かったかもしれないたけど、でも野球は彼にとって生きること。
何よりも楽しいのだと思う。

私など足元にも及ばないけど、バンドのみんなと音楽をやっているとき、そして観客のみんなと作る空間。それが何よりも楽しい。
Liveだからスポーツの試合のように何が起きるかわからない。特にジャズはたまが外れる時もある。大敗するときもある。その真剣勝負が、私は楽しい。
体当たりで自分のダメな部分も失敗も含め嘘のない丸見えの表現です。それも含めてバンドのみんなと作り上げる信頼関係、そして観客のみんなのサポートの上での演奏、その時間と空間。
それが面白いのです。いいとこばっかり見せられない。その真実の表現が面白い。だから信頼できない人とは一緒にプレーできない。申し訳ないけど観客にうけるとかは考えない。
立派なとこだけ見たい観客はジャズには向かないかも。ジャズは何が起きるかわからない。

私のスタジオの生徒の発表会も、自分でライブを始めた人も、観客の前で自分が歌いたい曲をバンドとの共演を楽しみたい。音楽することを楽しみたいのです。
それが表現することだと思います。
表現したいのです。

私が行っているスポーツクラブの発表会を見に行ったら普段ステージに立ったことのない人が
みんなステージで輝いてとても幸せそうです。
表現ができるのってなんて幸せなことでしょう。

ライブも観客は千差万別、みんな好きずき、好みがあるからうけるとは限らない。
表現に真剣になる程めげずに頑張らないと。自分はこれをやりたいんだって。
優秀ですごいスーパープレーヤーの友人が、かつてライブをやっても観客がいないと嘆いていたけど、いまでもますます頑張ってる。

いつもライブに来てくれる友人が、先日手術をした話をしてくれ"長生きするには、長生き税を払わなければならないんどよ"と。
楽しい思いをしたい人は楽しみ税、表現したい人もそうだね!表現税を払わないとね。
大変なことも頑張らないとね。甘くはないですよね。



カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Copyright © 2006-2009 BlueVega Records. All Rights reserved